夢の一軒家を建てる

三栄建築設計で芸術性のデザインを作ろう│アイディアを実現

家を守る

そのサービスを利用する方法

綺麗な家

新築住宅の場合、15年もすれば地震で家が歪んできたり、雨風や紫外線の影響で外壁が劣化する恐れがあります。また、屋根も直射日光をもろに浴びるため、劣化しやすく、雨漏りも起きやすいのです。 その場合、昔であれば一度取り壊して、再建築をしていたところですが、最近は、柱や梁はまだ使えるのにすべてを廃材にして、しかも再建築で新しく1から材木を使うのはもったいないということで、リフォームをする家が増えています。リフォームはハウスメーカーや工務店で行ってくれますが、それぞれ違いがあることを知っておきましょう。ハウスメーカーは知名度が高いことや信頼度が高いことで利用する人が多いようです。モデルルームを持っていたり、テレビでCMを行うので、信頼できるところが多いのです。

リフォームが完成した時一番うれしいのは

ただ、リフォーム工事に関してはハウスメーカーが直接行うことはあまりありません。8割のハウスメーカーは下請けに工事を任せるのです。下請けもさらに下請けに任せ、その中間マージンの分だけ価格も高くなります。 これに対して工務店の場合は、ハウスメーカーのように知名度が高いことはありませんし、モデルルームを持っていたり、テレビのCMをすることは稀です。ただ、工務店の多くは、下請けに仕事は回さずに自分たちでリフォームを行いますので要望を伝えやすくなります。また、価格もハウスメーカーよりは安いのです。価格が安いのを望むのは主婦です。何故なら住宅ローンも抱えているからです。子供たちがいる場合にはリフォームついでに子供部屋もできる可能性が高いことから、当然リフォームを望むでしょう。